ミャンマー2018

マンダレーの見所「ゼージョーマーケット」観光でミャンマーの空気を満喫!

 

マンダレーで夕方からツアーを控えていた我々。

 

昼間にちょっと時間ができたので、軽く観光しようかねーという感じでフラッと行ったのが「ゼージョーマーケット(Zeigyo Market)」。

 

マンダレーはかなり栄えており、最近ではやたらデカいショッピングモールまで登場しています。

が、ローカル感が強いマーケット、そそられますよねぇ。

 

我々も大好きで、街を渡り歩く理由は「マーケット」だったりもします。
女は何歳になっても買い物好きであります。

そんなこんなで、思いっきりローカルな市場「ゼージョーマーケット」をフラフラ歩いてみることに。

 

ゼージョーマーケットまでどうやって行く?

私たちの泊まったホテル「SMART HOTEL」からはまっすぐ、歩いたら20分ちょっとくらいだと思います。

あわせて読みたい
バガンからマンダレーへ昼バス!OKバスの時間は?マンダレー気温&宿レポ2018年版 今回のミャンマー〜タイ旅日程は12日間。 うち初日は夜着、帰国日は早朝発なので、実質10日間です。 長そうに聞こえるかも...

↑スマートホテルに関してレポしてます♪

 

マンダレーはバガンなんかよりもかなり暑くて、さすがに真昼の炎天下の中歩く気にならず、バイクタクシーを捕まえて行きました。

 

ゼージョーマーケットの入り口にはバイクタクシーが何台かたむろしており、その向かいの道には両替所がありました。

 

そろそろミャンマーチャットが少なくなって来たなぁーと思い、マーケットの帰りに寄ったのですが、
両替所(銀行?)は15時までだったのかなー。

かなり早い時間から、もう閉まってますーって言われちゃいました。

 

 

物と人がごった返す!ゼージョーマーケットの戦利品

 

マーケットモールみたいな建物の中に入ると、衣類ゾーンに食器ゾーン、文具雑貨ゾーンといった具合に物モノものもの…
ものだらけ。

暑がりasami
暑がりasami
いつ誰に、これらは売れるのか…

 

余談ですがラオスのビエンチャンに行った時の、タラートサオモールもゴッタ返しがすごかったですが、今思うと可愛いもんでした。


↑懐かしのラオス2009(古)また近いうちいきます!

 

 

ゼージョーマーケット、ここはもうカオスそのもの。

 

 

ゼージョーマーケットでの戦利品&まだまだ練り歩く

私はイージーパンツのような穿き物と、リュックが壊れかけてたのでバッグ欲しいなーと思いつつ、
クオリティー的にタイで買いたいので、まぁーここでは買わないだろ。

と思ってたのですが。

 

買っちゃいました柄の綿パンツ。

外の露店に山盛りになっているズボンから物色。
お店のおばちゃんもちょっと英語が話せるらしく、サイズ探してもらいました。

 

服、山盛り過ぎでしょw

 

ってか本当に思うのは、
ミャンマーの街にいる普通の方々でも英語話してるのに、
日本人、大学まで行っといて英語出来なすぎでしょ…

 

 

さておき、こんな派手な柄パンGET。右上のグリーンの変なやつw
4000チャット(約322円)

 

なんでこんなんになったかというと、トップスのTシャツにピンクやらオレンジ、赤なんかが多かったので、バランス取ってコレ。

 

センスなす
センスなす
え、バランスは取れてない?

 

しかし、この柄パンが後になってとんでもなく役立つとは、この時は知る由もなく…

 

 

これ、タナカですね。

ミャンマー人女性必須アイテム、
お顔に塗ってるやつです。日焼け止めみたいなものですかね。

タナカ擦り擦りする木とかも売られてますね。

 

 

うおぉでた!!
東南アジア名物「もはや曲芸状態の積み過ぎバイク」

 

とは言えミャンマーはそんなに曲芸バイク居なかったです。
多いのはベトナムとかかな。

 

ぶっ壊れリュックを案じて、念のためかさばらないバッグを買っておこうかなと物色。
ミャンマー人もけっこう持ってるバッグを選ぶ。
(上の写真の青いバッグです)

 

バッグを見てたら

ミャンマー人の店員さん
ミャンマー人の店員さん
Made in Japanだよこれ

 

と言われるw

 

まーむしろ安心の日本製をGET。
5,000チャット(約402円)

 

このバッグ、この旅では後半ひたすら使い続けるのですが、とにかく持ちやすい!
(上の写真の左下の青いバッグです。)

 

持ち手がしっかりして太いせいか、500mlのペットボトルに、ミラーレス一眼カメラまで入れてもあまり重たさを感じず快適に使い続けました♪

 

 

買い物を終えると、また市場歩きプラプラと。

 

おおぉ、これまた東南アジア?!
「トラックの荷台から遠隔距離へ荷物を投げ渡す」曲芸(?)が見られました。


残念ながらカメラ向けた時には終わっちゃった。

 

外には食品関係のマーケット。

ふと思ったけど、普通食品のが室内じゃないの?!笑

 

山盛りのフルーツ。
外気はかなり暑い。
イチゴとか平気なのかな。笑

 

 

かなり強烈な臭いを放つ魚の干物とか。貴重なタンパク源なんでしょうか?
やったら大量にあるけど、みんな食べるんかな。。

 

これは唐辛子の山。
ってかミャンマー料理って全然辛くないんですけど、誰がこんなに使うんだろう。

 

 

道端でザクザクとキャベツの千切りをしている女性たち。

 

ミャンマー人ってカメラを向けると、ちょっと照れながらニコニコしてくれたりします。

本当に人柄の良い方たち。

 

なんというか、幸せ度が高いのかな。
この国の人たちは。

 

ちなみにラオス(この記事2回目の引き合いw)では、カメラを向けるとけっこう睨まれます笑

市場のお店のものとか撮ろうとすると、
ノーフォト!!とよくブチ切れられてました。
まぁ気持ちはわからんでもないですけど…

 

ミャンマー人は、
「写真おっけー??」
みたいなジェスチャーでカメラを見せると、はにかんで可愛らしい笑顔を見せてくれる。

 

撮った後にカメラのプレビューを見せると、よりニコやかな笑顔を見せてくれたりして、あー「ふれあい街歩き」いいなーって思います(どこぞのNHK番組みたいになっとりますが)

観光スポット巡りや素敵なホテルよりも、ただの街歩きが大好きだなぁ。

 

けっこう広いゼージョーマーケットをぐるぐると歩き、そろそろ戻るかーとバイクタクシーが溜まっていた場所へ。

あれ、バイタク全然いないし。

いつもいるわけじゃなくて、タイミングがあるようです。

 

 

やっとバイタクを捕まえて移動。

 

バイクのマフラーで火傷!旅行中の応急処置と反省点…

 

このバイクタクシーで、
はい、やっちゃいました。

女性座り(横座り)落ちそうで怖いので、バイクタクシーにしっかりまたがっちゃうのですが(掴まり方を一歩間違えると彼女乗り?笑)

Gパンをランドリーに出していたのでハーフパンツで乗っちゃったのです。

 

アホなことに、バイクから降りる時にマフラーでジュッと、脚を焼いちゃいました((((;゚Д゚)))))))

 

ホテルの部屋に、救いの神!
なぜか氷があったので(普通ないと思う!)すぐに冷やすことが出来て助かりました。

 

が、普通に酷くて、一部が水ぶくれに。

これじゃジーンズやピタピタしたパンツは痛くて穿けません。

痛みはたいしたことなかったんですが…
嫁入り前(2度目)の御御足を傷モノにしてしまいました。←
トホホ。

 

連れが
「歯磨き粉塗ると治るらしいよ」と言うのでやってみる始末。←大アホ

 

もちろんそんなんでは治らない上に、絶対やらないで下さい!とネットのあちこちに出てますよね(苦笑)

 

しばらく観光中も、これすぐ病院いなかいとだめかー??とか心配性を発症し、ずっと検索してました。

うーん、ミャンマーのツーリストSIMは素晴らしい(そこ?)

 

私の入っていた旅行保険でキャッシュレス対応の病院は、チェンマイに行くまでありません。
普段旅行中はまずやらない、キャッシュレス診療の手続きまでしっかり調べました。

いやー、ハプニングとはいえ勉強になった。

 

火傷の湿潤療法に向いている湿布?のようなものも日本では売られていますが、ここはミャンマー。
ドラッグストアもイマイチ見当たらない。

 

結局痛みはほとんどないので、患部に触れないように気をつけつつ、清潔を保ちながら旅を続けました。
(女子にはオススメできませんw)

 

そんなわけでゼージョーマーケットで買った、ゆったり綿パンツが超大活躍。
次の街で洗い替えも買っちゃいました。

 

ちなみに火傷には、日本帰れば、湿潤療法に向いているこんなものが売られています。

 

タイにも売られてるかもしれませんね。
私は見つからなかったので、チェンライでふつうの大きなガーゼパットを買いました。

次の旅からこんなアイテムに加え、キズパワーパッドを持っていこうと決意しました。

 

都市部ならまだしも、こんな場所を旅するのならなおさら準備が必要ですねー。

 

そんなわけで脚を焼いて終わったゼージョーマーケット巡り。

 

友達がマーケットの出口でカキ氷食べてました。
いんやーー生水を凍らせてる気がして怖いーーと思い私は買いませんでした。
ひと口もらっちゃったけど。

 

その結果(?)旅行中便秘がちだった友達はややトイレ近いくらいの行き過ぎ快便ぐらいに。
酷くお腹を壊すことはありませんでした。

 

私もそうなのですが、ヤバイと言われるミャンマーも結局お腹も無事で、
なんやかんや東南アジア旅でお腹壊したことがなく…
いつ洗礼を受けるのかヒヤヒヤです。

受けるのならインドなのだろうかー。

 

 

さてこの日の夕方からはいよいよ!
カメラマンガイドさんによるツアーです♪

また次の記事でレポしますね。

 

 

無料メールレッスン♪
お名前
メールアドレス

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA