【Vol.1】 信頼を得ながら着実に収益をあげるためのマーケティングとは

こんにちは!
WEBマーケター/講師 あさみ(@mikhwams)です。

【ゼロから始める「オンライン講座運営」1年目の教科書】無料メール講座、本日は第一回をお届けします。
動画教材と解説テキスト(このページ)でお届けしますので、お好きな方でご覧くださいね♪

全5回の無料メール講座の内容

本日はvol.1『信頼を得ながら着実に収益をあげるためのマーケティングとは』をお届けします。vol.2からの具体的な施策の前に、全体像を把握できる内容になってます。

 

【Vol.1 動画】 信頼を得ながら着実に収益をあげるためのマーケティングとは

動画講義はこちら!

 

学歴・職歴なし→年収1000万円を超えるまでにやってきたこと

収入の話はあまりしたくない部分はありますが、『マーケティング』の効果をお伝えしたくここで少しご紹介いたします。

収入自体は全くすごいわけではないのですが、まともな収入もない主婦から収入が一気に上がった事例として見ていただければと思います。

私自身、大学を中退し、就職超氷河期と言われる時期に20代を過ごしていたので、ずっとアルバイトや派遣社員をしてきました。

そんな状態から2016年に副業で起業し、2017年にフリーランスとして独立。ありがたいことに、そこからずっと右肩上がりで収益を伸ばしてきています。

私が何か特別だったわけでもなく、実に「学ぶべきことを学び、最短ルートで収入につなげてきた」というだけなんです。

じゃあ何をしてきたの?というとマーケティングを学び実践してきたのですが、具体的には以下です。

個人レベルで学ぶべきマーケティングとは?

第一段階(起業一年目)

市場調査、コンセプト作り、ブランティング等
WEBだけでなくリアルでも使うマーケティングの基礎

第二段階(起業2年目以降)

コピーライティング、戦略的なSNS運用、リストマーケティング、広告運用
WEBに特化したマーケティング

SNSは2016年の副業開始時から運用していましたが、戦略的に運用できたのは2021年のTwitter新規アカウント。マーケティングを学んでいたので5ヶ月間で1200万円の収益につなげることができました。

 

要は1年目にマーケティングの基礎を叩き込み、2年目以降にWEBマーケティングを学び、飛び道具を手に入れ使いこなすことができた!という流れだったんです。

具体的にマーケティングの何を学んだか

詳しくは2回目以降の無料メール講座で詳しく実践方法をレクチャーしていきます。

 

マーケティング施策を最大限発揮するために必要なもの

それは『認知』の段階です。

当然なのですがいくら売れると確信が持てる商品を作って、売れる仕組みを作ったところで誰にも知られないと売れませんよね。

認知フェーズでやることは2種類しかありません。

  • 無料集客(SNS、ブログ、口コミ、リアルなど)
  • 有料集客(広告など)

これらを常に回していくという流れになります。

 

マーケティング施策の効果を出すために最も大切なこと

それはマインドセットです。
なんだーと思われたかもしれません。

「マーケティング=何かテクニカルなもの、仕組みづくり」と思われる方もいるかもしれません。
もちろんそれがほとんどなのですが、「お金を頂く=相手がいる」ことを決して忘れてはいけないですし、そこが欠如していると必ず行き詰まってしまいます。

個人の副業であっても、どんなに小規模であってもビジネスですので、そこを忘れずに取り組んでいくことで結果が出るものだと思っています!

アウトプットで頭に定着させよう!

第一回は全体像をお伝えしましたので、まだまだ具体的なマーケティングスキルにたどり着いてないのですが、一旦頭の整理をして全体像を把握しつつ、第二回の講義をご覧いただければと思います!

というわけでこちらは「講義」なのでぜひアウトプットしてくださいね♪
もちろん大人なので強制ではありませんが、せっかく使ったお時間を最大限に活かしてください!

アウトプット項目

佐藤あさみLINE公式にぜひアウトプットしてみてくださいね。

→佐藤あさみ LINE公式へのリンク
(すでにご登録頂いている方はスマホの場合、LINEアプリに飛びます)

  1. マーケティングを学んで半年後、1年後にどんなことを実現したいですか?
  2. 今回の講義で学びになったと思うこと

全て目を通しております(お返事がなかなか全てできないかもしれませんが、必要に応じて返信させていただきますのでご了承くださいませ)

次回の無料メール講座は?

次回は【売上2倍&お客様に喜ばれるための3c分析の正しい流れ】をお届けします。

マーケティングの最初のキモとなる「3C分析」について、具体的な手順をお伝えしますのでぜひ見ながら実行していただければと思います!