人生ノマドって?新しいノマドの生き方・やり方。仕事と人生を自分でデザインする!

こんにちは!
『人生ノマド』管理人のasamiです。

 

当サイトに遊びに来てくださった皆様はきっと、

・旅情報に興味がある
・フリーランスである・興味がある
・ノマドワーカーに興味がある・目指している
・個人事業主・興味がある
・アフィリエイターの方
・起業したい方

などが多いかと思います。

 

そんな方々へ情報を余すことなく発信すべく生まれた当サイト

『人生ノマド』って何??ということで

サイトを立ち上げたきっかけや、
ビジョンについてちょっとお話してみたいと思います!

 

自由に仕事し、自由に遊ぶ。『人生ノマド』のビジョンとは?

「ノマド」って言葉、すっかり一般的になりました。

 

というわけでご存知の方も多いかもしれませんが、
「ノマド」は元々、遊牧民の意味です。

 

遊牧民って実際、自由気ままに好きな場所へあちこち移動してるわけではないんですよね。

家畜の世話をしながら、飼育に最適な牧草のある土地から土地へと移動しています。

そのノマド集団(家族や一族など)によって、一年のうち、この時期はどこに、と行った具合に移動するルートが決まっているそうです。

 

私が「ノマド」という言葉にピーン!ときたのは、この遊牧民の【動き】でした。

 

つまり、自由気ままに何も決めず、好きなところへ移動して生きるというよりも、

自分に最適な居場所を何ヶ所か定めておいて、

人生の時期によって、
ライフスタイルに合わせて移動して

そこで仕事する。
もしくはそこで暮らす。

 

そんな、多様性をまるっと認めて、どこにいても自分らしく生きる、そんな生き方。

 

例えば

副業男性
副業男性
会社員をしながら、副業をすること。
派遣社員女性
派遣社員女性
短期派遣社員をしてお金を貯めて、契約満了になると長期旅行に行き、また帰ってきたら働くスタイル。

なんかは一般的になっていますが、

 

起業1年目男性
起業1年目男性
事業をしながら、学ぶためやキャッシュポイントを増やすためにアルバイトをする。
自宅ワーカーママ
自宅ワーカーママ
起業したけど、本業はママであることを大切に、ガツガツ働かずバランスをとってやっていく。子育てが落ち着くまで、ビジネスを大きくする準備をじっくりする。
病気療養中男性
病気療養中男性
病気療養しながらも、Webで稼ぐ術を学ぶ。ブロガーとして稼ぐ。

 

などなど、自力で稼ぐ方法を中心にしている方など…

 

こんな生き方をしている人がここ近年、増えている、そう思いませんか?

上記の人々のように
いろんな居場所を作って人生を過ごす。

 

これ『人生ノマド』って言葉が合うなぁーなんて思って、名付けました。

 

普通のノマドワーカーとどう違うの?

 

「カフェでパソコン広げて仕事する人」
「世界を旅しながらPC一台で稼ぐ」

オフィスに通勤せず、好きな時に好きな場所で仕事する、
すっかりそんなイメージが広まりつつあるノマドワーカー。

 

そんな「働き方」にフォーカスしたノマドから、もうちょっと広げて

『生き方そのものがノマド(遊牧民)』
という意味で【人生ノマド】を展開していきたいと思っています。

 

例えば
会社を辞めて自力で食っていく=自由

ではなくて、

 

会社も副業も、家庭も仲間も趣味も

全部自分のライフスタイルを彩るピースとして、軽やかに楽しむ自由なマインド
を持ちながら、それぞれの場所を移動することも楽しむ。

 

そんな風に捉えたものが【人生ノマド】と言ったところです。

 

いわゆるノマド

企業に所属せず
自分の好きな時に
好きな場所で仕事をする
好きな時に旅行する

 

人生ノマド

今、身を置いている環境・役割
(会社、家庭、体調の問題など)も向き合いながら、出来れば楽しみながら、
副業、旅行、趣味など自分のやりたいこともやっていく

 

会社が忙しい!子供が小さい!お金がない!

 

【人生ノマド】は実際問題、無理では??

そんな自分勝手な生き方、できるわけがない!という意見をいただくことがたまにあります。

 

 

でも。

おそらく、死ぬまで会社にお勤めはしないですね。子供は本当にあっという間に大きくなります。

お金がない!と言っているだけでは、たしかにお金は増えないです。

増やすための行動を工夫してやっていかないと増えませんね。

 

今仕事で動けないなら、その中でできることを少しずつする。
子育ても、お金もおなじですね。

 

「そんなの、ただの理想論だ」

もしかすると、そんな声が上がるかもしれないです。

 

そうお思いの方も、
良かったら、私が【人生ノマド】を立ち上げた背景を読んでみてくださいませ。

ごく普通の女性・普通の母ながら、その時その時で工夫して生きてきました。

 

『人生ノマド』を立ち上げた背景

私は今、小学2年生男子の母親です。

振り返れば「子育て」という避けられないイベントを、年齢ステージ別に向き合いながら、共存しつつやれることをやってきたと思います。

 

息子0歳8ヶ月の時は、息子が昼寝中などを利用してTOEICの勉強をして、835点取得しました。

 

田舎に引っ越してしまい、昔のように都心まで通勤することもできなかったのですが、
週1〜2回子供を預けて、都内まで往復3時間近くかけて、やりたかった内容で仕事復帰しました。

 

同時にサイトアフィリエイトなどで稼ぐ方法を学び、少しずつ収益化すると共に、元々わりと得意だったサイト制作を上達させました。

 

息子5歳頃から、年一回ですが、
三日間だけ息子を預かってもらって、弾丸でタイ、カンボジアなど、海外旅行に行ったりしました。

 

木曜深夜に羽田から飛んで、月曜早朝に帰ってきて、月曜は普通に朝から家事、と行った具合ですw

 

「小1の壁」問題は我が家にも訪れ、それまで時短で働いていた会社も辞めましたか、
ずっと個人的にやってきたWebデザインを商売にして独立することを決意。

 

OL時代の数倍の収入を得ながら、毎日ちゃんと小学生の息子の帰りを待つ生活を送っています。

 

そして今。
個人事業主となり、大好きだった会社勤めができなくなりました。
いくら収入が増えても、1人で仕事するってどうしても寂しいです…

 

なので、【人生ノマド】の仲間を増やしていきたいな、と考えています。

 

それに向けてまた、行動を開始しています。

 

 

やりたいことをやる
子供を実家に預けて旅行にいく

批判されそうでしょうか??

これが、実際やってみると、意外なほど否定的な意見はもらいませんでした。
(おめでたくて、聞こえてないだけかもしれませんね笑)

 

「今を受け入れた上で、
自由に軽やかに動く」

この生き方を30代で体得してきたなと感じています。
これがけっこう自分らしいなと思い。

 

こんな自分のライフスタイルが

ちょっとでも共感してくださる方
今に生きづらさを感じている方
一度きりの人生、思いっきり楽しみたい方

に少しでも参考になればいいなーなんて思い、発信をしようと決意しました。

 

どこを目指す、人生ノマド

「人生は、こう在るべき」
「こんな生き方がかっこいい!」

どちらも、既存の固定観念のようなものからくる考えではないかな?と思います。

 

その固定概念は、持っていることすら気がつかないうちに、私たちの行動を狭めてしまっている、そう感じます。

 

私はいわゆる「器用貧乏」というやつで、何でもどこでも、それなりにやっていけたり、
誰とでもそれなりに楽しくやっていけるタイプなのですが、

そのせいか「お前は『確固たる自分』のようなものがない」と言われたことがあります。

 

傷心asami
傷心asami
ずごーーーーん

 

当時はちょっと悩みました。

 

そして、元々いる誰かの生き方をロールモデルにして、それを貫き通せば『確固たる自分』になるんじゃないか。
そんな考えを持っていた時もありました。

 

結局、ロールモデルとしたい人なんて見つかりませんでした。
尊敬する人はたくさんいますが、憧れの人っていないのです。

 

でも
ロールモデルとなっている人の『確固たる自分』として見える部分って、本当にその人の全てでしょうか?

社会生活をしていく上で、
一つの側面だけで生きている人って、まず居ないはずです。

職場の自分、家族の一員、仲間と過ごす自分…
人や場所に合わせて、少しずつ柔軟に変化しながら生きている気がします。

 

八方美人?

いえ、私はそう思いません。
どんな局面でも楽しめるマインドを持っていれば、最強なんじゃないかと。

 

同時に、自分に素直になり、どうしても違和感を感じる時は、その違和感に素直になる。
そうしていくと、自分らしさの純度が高まっていくのではないかと思います。

 

そんな「自分らしさの純度」を高める生き方、つまり自分らしい人生を送るのに欠かせないのが『行動・経験によるインプット』

 

ちょっと話がそれましたが、
【人生ノマド】の目指す先とは

「人生を軽やかに”自分らしく”楽しむマインドを持つ人を増やす」

 

こんなビジョンの旗として掲げたいと思っています。

 

2018年5月

『人生ノマド』管理者 asami

 

 

 

無料メールレッスン♪
お名前
メールアドレス